ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

リンクバナー一覧

  • 新型コロナウィルス感染症関連のお知らせ
  • 新型コロナウィルスワクチン接種<外部リンク>
  • 新型コロナワクチンのお知らせ

情報をさがすの画像情報をさがす

ライフイベントからさがすの画像ライフイベントからさがす

  • パノラマビュー
  • 妊娠・出産・子育て
  • 教育
  • 成人・就職
  • 結婚・離婚
  • 引越し
  • 高齢者
  • おくやみ

トピックスの画像トピックス

ドライバーに交通安全意識を高める活動を行いました

交通安全「セーフティライン作戦多久」を開催しました

 令和3年9月21日(火曜日)8時から、国道203号多久市役所前交差点で「セーフティライン作戦多久」を開催しました。  この事業は、秋の交通安全県民運動(9月21日から9月30日)の一環として多久市交通対策協議会(事務局:多久市役所)が3年前から取り組んでいるものです。  今回は新型コロナウイルス感染症の影響で規模を縮小して行い、小城警察署、多久地区交通安全協会、多久市交通安全指導員会、多久市役所の...
市役所でバリアフリーやユニバーサルデザインを探す児童の写真

義務教育学校児童が市役所でバリアフリー、ユニバーサルデザインの探検

 8月3日(火曜日)、多久市役所で市内の義務教育学校4年生から6年生を対象に、夏休み企画「わくわくドキドキボランティア体験スクール」が行われました。  この企画は、福祉体験を通じて、人が『ささえあって生きる』ことの大切さを感じとってもらいたいと多久市社会福祉協議会が24年前から開催している活動で、これまでに530人以上の児童らが参加しています。  今回は、東原庠舎中央校の4年生か...
市職員が作成した恐怖映像を見る子どもたちの画像

中央公民館が『呪いの館』に!?おばけやしきを開催しました

 7月30日(金曜日)、多久市中央公民館を舞台にしたおばけやしきを開催しました。  当日は、市内義務教育学校に通う1年生から9年生までの児童・生徒119人、保護者62人が参加。昨年の倍以上の人数が集まり、大盛況となりました。  このおばけやしきは、中央公民館で行う事業を充実させようと市職員やボランティアの協力を得ながら2年前から夏休み期間中に開催しており、今回で3回目。今年は、市職員が作成した映像や...
  • 市長の部屋
  • 多久市議会
  • 多久市教育委員会
  • 多久市立病院

ふるさと納税

移住・定住促進

「ふるさと納税」でふるさと多久をご支援ください。

多久市映像ライブラリー

多久市の紹介や、観光案内、イベント情報、市政に関する情報などを映像でご紹介します。