ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会

多久市教育委員会

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年9月1日更新 <外部リンク>

多久市教育委員会の役割

地域の学校教育や社会教育、文化、スポーツ等に関する事務等を幅広く担当する機関として、首長から独立した行政委員会です。

月1~2回の定例会のほか、臨時会や非公式の協議会を開催しており、教育行政における重要事項や基本方針を決定し、それに基づいて教育長が具体の事務を執行しています。

教育長および教育委員は、地方公共団体の長が議会の同意を得て任命され、任期は、教育長は3年、教育委員は4年です(再任有)。 

教育長のあいさつ

 多久市教育委員会のホームページにようこそおいでくださいました。多久市は平成25年度から小中一貫教育を開始し、小学生と中学生がひとつの学校で学ぶ教育実践を積み重ねてきました。また、平成29年度からは「義務教育学校」に移行し、1つの学校として1年生から9年生が学んでいます。

教育長コラム (令和3年9月)

「子どもたちへ」

ピアニストの辻井伸行さんは国際ピアノコンクールで優勝した盲目の方です

つまり 楽譜も鍵盤も見えません

自分のハンディに気がついた時に まっ、いいか。ピアノができるからと 気もちをきりかえたそうです

こんな才能は誰にでもはありません

でも 良いところは必ずあります

あいさつができる

うそはつかない

漢字は得意 とか

たとえそれが

コンクールで優勝したり

表彰されることではなくても

良いところは自分がわかっている

だから

それを大切に それを誇りに

自信をもって生きましょう

応援しています