多久翁さんの今日の論語

歳寒うして然る(しかる)後に松柏(しょうはく)の凋む(しぼむ)に後るるを知る

《意味》
歳末のきびしい寒さにも松や柏の葉は落ちない。人も普段はわからないが、大変な時にほんとうの強さがわかる。

『百人一首式論語カルタ』より

イベントカレンダー

多久市観光情報

たくさんフォトニュース