ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 議会事務局 > 市議会議員による出前授業を行いました

市議会議員による出前授業を行いました

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年2月4日更新 <外部リンク>

議会活動の一環として、子どもたちに議会の仕組みと役割について知ってもらい、議員の活動を身近に感じてもらうために、議員が市内の義務教育学校に出向き、社会科で政治を学ぶ6年生の授業に合わせて出前授業を行いました。

令和2年1月多久市議会出前授業

日時、場所

1月14日(火曜日)  2限目(9時30分~10時15分)  多久市立東原庠舎西渓校
1月17日(金曜日) 2限目(9時35分~10時20分)  多久市立東原庠舎東部校 
1月17日(金曜日) 5限目(14時05分~14時50分) 多久市立東原庠舎中央校

授業内容

出前授業では、議員3人が教壇に立ち、市議会とはどういうところなのか、市民と市議会と市長の関係、市議会が行っている仕事や議会の進め方などといった市議会の仕組みと役割について、子供たちに授業を行いました。

子供たちからは、多久市の現在の大きな問題とか予算の内容、また要望にはどんなものがあるのかといった質問から、議員になった理由や議員になってよかったことはといった議員に関する質問まで、たくさんの質問があり、一つひとつの質問に対して丁寧に答え、議会への理解を深めました。

出前授業が終わった後、子供たちから議会に対して、議会のことがよくわかった、大人になったら社会の役に立つことをしたい、18歳になったら選挙に行ってみたい、議員になりたいと思ったなどといった感想が寄せられました。

西渓校の出前授業で説明する議員の写真 西渓校の出前授業で質問に答える議員の写真