ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会

多久市教育委員会

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年3月14日更新 <外部リンク>

多久市教育委員会の役割

○教育委員会は、地域の学校教育、社会教育、文化、スポーツ等に関する事務等を幅広く担当する機関として、首長から独立した行政委員会です。

○教育委員会は、月1~2回の定例会のほか、臨時会や非公式の協議会を開催しており、教育行政における重要事項や基本方針を決定し、それに基づいて教育長が具体の事務を執行しています。

○教育長及び教育委員は、地方公共団体の長が議会の同意を得て任命され、任期は、教育長は3年、教育委員は4年です(再任有)。 

教育長のあいさつ

 多久市教育委員会のホームページにようこそおいでくださいました。多久市は平成25年度から小中一貫教育を開始し、小学生と中学生がひとつの学校で学ぶ教育実践を積み重ねてきました。また、平成29年度からは「義務教育学校」に移行し、一つの学校として1年生から9年生が学んでいます。

◇教育長コラム  市報 令和元年12月号

「発達障がい」
入学から半年、校長室の床にうつぶせて描画に没頭した子が、今やSNSで色々と発信する高校生。母親は、幼児期には地域の集まりで「躾が悪い、どこの子だ、またこの子か」と言われて、子育てに苦しんだ。しかし、入学前の検査がきっかけで受診、診断名がついてほっとした。その帰り道、発達障がいに関する本を買い求めた。「私のせいじゃなかった。接し方が逆だった」
今日、出会った母親は、発達障がいのあるわが子を「遅れているから」と表現。「個性であること。かつての教え子は仕事に就いていること」を伝えたら、目が一瞬で赤く潤んだ。
どうかご自分を責めたり、悲観しないでください。
大変な子育ても、温かく見守り励ます多久市でありたいと思っています。

教育長 田原 優子