ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

食を支えるサービスを利用しましょう

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年6月1日更新
<外部リンク>
 「食材を買いに行けない」「調理が困難」だから、今日は食べなくていいや、ではなく市のサービスや、民間のサービスを活用してみませんか?
 毎日の食事は元気の源です。おいしく食べて、元気に過ごしましょう!

対象者

調理困難な65歳以上の一人暮らし高齢者、高齢者世帯およびこれに準じる世帯ならびに重度の障害者

事業内容

配食サービス(食の自立支援)実施のために必要な、利用者の状況の把握、分析、課題の抽出をおこない、その人に応じた配食回数を調整し、調理された昼食、夕食を利用者宅まで配送し手渡す(見守り)。

配食実施期間は、月曜日から土曜日で回数は利用者の状況等によって決まります。
お休みは毎週日曜日とお正月の三が日(1月1日から3日まで)です。

申請から利用までの流れ

1.多久市役所地域包括支援課に申請書を提出します(代理申請も可能です)

2.調査担当者(在宅介護支援センター)が実態調査のためご自宅へ訪問します。
 地域の民生委員さんにも確認します。

3.市の会議で利用の可否を決定します。
 その後決定(または却下)通知を送付します。

4.配食サービスの開始です。

配達の時間

昼食は10時30分から11時30分頃、夕食は16時から17時頃にお届けします。

お弁当の内容

高齢者に必要なエネルギーや栄養バランスがとれたお弁当になっています。
減塩食や、糖尿病食、刻み食などの対応も可能です。

費用

1食410円です。支払いは口座振替になります。

市の配食見守りサービス以外も活用しましょう

食TAKUプロジェクト
 多久市商工会と一般社団法人たく21(あいぱれっと)が立ち上げた、多久市内の飲食店を応援するプロジェクトです。
 テイクアウトなどの情報を発信しています。

ほかにも民間のお弁当配達事業所や、食材の配達もあります。

ご自分に合ったサービスをうまく活用して、生き生きと過ごしましょう!