ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

固定資産税(償却資産)

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

固定資産税での償却資産とは、土地 ・ 家屋以外で事業のために使用する資産をいい、多久市内に償却資産を所有している方は、毎年1月1日現在の所有状況を申告していただく必要があります。

償却資産の種類

  資産の種類 主な償却資産
1 構築物
(建物附属設備含む)
門、塀、駐車場や構内の舗装路面、煙突、外装工事、ネオン塔、軌道、庭園、電力設備、建物から独立した設備、借店舗に施工した設備、畜舎、ビニールハウスなど
2 機械および装置 各種産業用の機械、ポンプ、電動機、コンプレッサー、ブルドーザー・クレーン等の建設機械など
3 船舶 モーターボート、ヨット、漁船、釣船など
4 航空機 飛行機、ヘリコプター、グライダーなど
5 車両および運搬器具 自転車、構内運搬車、大型特殊自動車(フォークリフト、ロードローラー等)、その他自動車税および軽自動車税の対象以外のもの
6 工具器具および備品 看板、陳列台、レジスター、机、椅子、ロッカー、パソコン、ファクシミリ、エアコン、テレビ、冷蔵庫、医療機器・器具、理容機器・器具、測定・検査機器など

 償却資産の申告について

申告をしなければならない方

1月1日現在、多久市内に償却資産を所有されている方
(企業や工業、商業、医業、農業などの事業をされている方)

申告の必要のないもの

次の資産は、償却資産の対象となりませんので申告の必要はありません。

  • 耐用年数が1年未満または取得金額が10万円未満のもの(所得税、法人税申告で償却資産として
    計上しているものを除く)
  • 取得金額が20万円未満のもので所得税・法人税申告で3年間で一括償却されているもの
  • 自動車税、軽自動車税の課税対象となるもの
  • リース(賃貸)により使用されているもの
  • 多久市以外の市町村に所有するもの
  • 家屋として固定資産税が課税されているもの

※ 耐用年数が過ぎても、なお使用しているものは申告の対象となります。

課税について

申告された資産の評価額の合計(課税標準額)が、150万円以上の場合には固定資産税として課税さ
れます。 税率は1.4%です。

申告の期限について

申告書の提出期限は、1月31日です。

固定資産税(償却資産)申告における耐用年数について

機械および装置を中心に資産区分が整理され(390区分から55区分)、これにあわせて法定耐用年数が見直されました。

固定資産税における耐用年数

固定資産税(償却資産)における耐用年数は、総務大臣の告示である「固定資産評価基準」で定められており、減価償 却資産の耐用年数等に関する省令(昭和40年大蔵省令第15号)の別表に掲げる耐用年数によるものとされています。耐用年数省令の改正に伴い、固定資産評 価基準の改正が行われ、平成21年度分の固定資産税(償却資産)から改正後の耐用年数省令を適用することになります。

機械および装置の耐用年数表における新旧資産区分表[PDFファイル/93KB]

固定資産税における適用年度

固定資産税(償却資産)においては、決算時期等に関わりなく、既存分を含めて、平成21年度分の固定資産税から改正後の耐用年数が適用になります。
したがって、既存分の平成21年度分の評価額の計算は、平成20年度の評価額に改正後の耐用年数に応じた減価残存率を乗じて算出することになります。資産の取得時にさかのぼって、改正後の耐用年数を用いて再計算するものではありませんので、ご注意ください。

耐用年数省令の改正により、耐用年数を変更する資産の申告方法について

種類別明細書において、「耐用年数」欄は改正後の耐用年数に変更し、摘要欄に「省令改正による」と表記をお願いします。

電子申告について

多久市では、平成20年12月15日から償却資産申告のインターネットによる電子申告もご利用いただけます。

くわしくは、市税の電子申告(eLTAX)についてをご覧ください。

問い合わせ

税務課 資産税係
〒846-8501 佐賀県多久市北多久町大字小侍7-1
電話:0952-75-2176 ファックス:0952-75-2220

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)