ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

軽自動車税(種別割)の減免

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年5月7日更新
<外部リンク>

軽自動車等をお持ちの方で、一定の要件(障害の程度・使用目的等)を満たす場合は、申請することにより軽自動車税(種別割)の減免が受けられます。軽自動車税(種別割)の納期限の前日までに申請をおこなってください。

 身体障害者等に対する減免

身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等をお持ちの方が所有する軽自動車等(身体障害者等と生計を一にする人が所有する軽自動車等を含む)で、一定の要件(障害の程度、使用目的等)を満たす場合は、申請することにより軽自動車税(種別割)の減免を受けることができます。

減免の要件

  1. 身体障害者等が自ら所有し、運転するもの(申請時に必要なもの、減免対象となる障害者等級の範囲は、【本人運転】をご確認ください。)
  2. 身体障害者等が家族所有の車両を運転するもの(申請時に必要なもの、減免対象となる障害者等級の範囲は【本人運転(家族所有車両)】をご確認ください。)
  3. 身体障害者等の通院等のために身体障害者等と生計を一にする者が運転するもの(申請時に必要なもの、減免対象となる障害者等級の範囲は、【家族運転】をご確認ください。)
  4. 身体障害者等のみで構成される世帯の身体障害者等を、常時介護する者が運転するもの(申請時に必要なもの、減免対象となる障害者等級の範囲は、【常時介護者運転】をご確認ください。)

※2. 3. 4は、通院等の期間・回数が条件を満たす場合のみ対象となります。

※普通自動車の減免や福祉課が発行するタクシー券との重複、軽自動車等2台以上の減免はできません。

申請時に必要なもの

本人運転の場合

身体障害者等が自ら使用する場合

前年度減免を受けられている方は、申請内容(車両、障害の等級等)に変更がない場合、申請手続きは不要です。

申請時に必要なもの
  1. 軽自動車税(種別割)納税通知書
  2. 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等
  3. 運転免許証
  4. 減免申請書(税務課に準備しております)
  5. 印鑑
  6. 納税義務者の個人番号通知カードまたはマイナンバーカード

本人運転(家族所有車両)・家族運転の場合

身体障害者等が家族所有の車両を運転する場合や、身体障害者等の通院等のために身体障害者等と生計を一にする者が運転する場合

使用回数、使用期間等を確認するため、毎年更新手続きが必要です。

申請時に必要なもの
  1. 軽自動車税(種別割)納税通知書
  2. 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等
  3. 運転される方の運転免許証
  4. 減免申請書(税務課に準備しております)
  5. 印鑑
  6. 使用目的に関する証明書
  7. 納税義務者の個人番号通知カードまたはマイナンバーカード

常時介護者運転の場合

身体障害者等のみで構成される世帯の身体障害者等を常時介護する者が運転する場合(もっぱら身体障害者等本人の通学、通院、通所または生業のために使用するもの)

使用回数、使用期間等を確認するため、毎年更新手続きが必要です。

申請時に必要なもの
  1. 軽自動車税(種別割)納税通知書
  2. 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等
  3. 運転される方の運転免許証
  4. 減免申請書(税務課に準備しております)
  5. 印鑑
  6. 使用目的に関する証明書
  7. 住民票謄本(介護者が市外の方)
  8. 自動車運行計画証明書
  9. 誓約書
  10. 納税義務者の個人番号通知カードまたはマイナンバーカード

減免の対象となる障害等級の範囲

手帳および障害の区分

本人運転

本人運転(家族所有車両)

家族運転

身体障害者手帳

視覚障害

1~3級

および4級の1

1~3級

および4級の1

聴覚障害

2~3級

2~3級

平衡機能障害

3級

3級

音声機能障害(注1)

3級(喉頭摘出者に限る)

上肢不自由

1~2級

1~2級の1

および2級の2(注3)

下肢不自由

1~6級

1~2級

および3級の1(注3)

体幹不自由

1~3級

および5級

1~3級

乳幼児期以前の非進性脳病変による運動機能障害

上肢機能

1~2級(注2)

1~2級(注2)

移動機能

1~6級

1~3級(注4)

心臓・腎臓・呼吸器・膀胱または直腸・小腸機能障害

1級

および3~4級

1級

および3級

肝臓機能障害

1~4級

1~3級

ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害

1~4級

1~3級

戦傷病者手帳 視覚・聴覚・平衡機能障害

特別項症~第4項症

特別項症~第4項症
音声機能障害

特別項症~第2項症(喉頭摘出者に限る)

上肢不自由

特別項症~第3項症

特別項症~第3項症
下肢不自由

特別項症~第6項症

および第1款症~第3款症

特別項症~第3項症
体幹不自由

特別項症~第6項症

および第1款症~第3款症

特別項症~第4項症
心臓・腎臓・呼吸器・膀胱または直腸・小腸・肝臓機能障害

特別項症~第3項症

特別項症~第3項症

療育手帳

障害の程度『A』

精神障害者保健福祉手帳

障害の程度『1級』

(自立支援医療の受給者証(精神通院医療に限る)の交付を受けている方)

○複合障害により身体障害者手帳の等級が上がっている場合は、個々の障害の等級で判定します。ただし、次の(注3)の場合を除きます。

(注1)言語機能障害およびそしゃく機能障害は含みません。

(注2)一上肢のみの場合を除く。

(注3)上肢不自由と下肢不自由の複合障害により身体障害者手帳の等級が1級の場合は、家族運転、常時介護者運転に該当します。ただし、一上肢上腕1/2欠損(2級の3)または一上肢機能全廃(2級の4)と一下肢大腿1/2欠損(3級の2)または一下肢機能全廃(3級の3)の複合障害に限ります。

(注4)一下肢のみの場合を除く。

家族運転・常時介護者運転の使用目的等の要件

家族運転・常時介護運転の場合は、使用目的・使用回数等の要件があります。申請にあたっては、あらかじめ次の交付機関から使用目的の証明書の交付を受けてください。

使用目的

使用回数、使用期間

申請に必要な証明書

交付期間

本人運転(家族所有車両)

家族運転

常時介護者運転

通学

(通園)

通学(通園)期間
 今後6か月以上

使用回数
週3日以上
使用期間
今後1年以上

通学(通園)証明書

通学(通園)先の学校等

通院

通院回数
 月平均4回以上
通院期間
 今後6か月以上

通院証明書

通院先の医療機関

通所

通所期間
 今後6か月以上

通所証明書

通所先の施設

生業

(通勤)

回数・期間
 制限なし

通勤証明書等

勤め先の会社

入所

帰宅回数
 毎週1回以上

入所証明書

入所先の施設

構造上の減免

構造がもっぱら身体障害者等の利用に供するためのものである軽自動車等は減免の対象となります。

申請時に必要なもの

  1. 軽自動車税(種別割)納税通知書
  2. 運転免許証
  3. 構造減免申請書(税務課に準備しています。)
  4. 印鑑
  5. 車検証
  6. 写真等構造のわかるもの
  7. 納税義務者の個人番号通知カードまたはマイナンバーカード

公益減免

社会福祉法人、公益社団法人等が所有する軽自動車等で、公益のために直接専用すると認められる軽自動車等は減免の対象となります。

申請時に必要なもの

  1. 軽自動車税(種別割)納税通知書
  2. 当該法人の定款の写し
  3. 当該年度の予算書の写し、及び前年度決算書の写し
  4. 公益減免申請書(税務課に準備しています。)
  5. (法人の)印鑑
  6. 公益専用車両証明書

 

減免関係書類のダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)