ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

10月1日は浄化槽の日

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年9月27日更新
<外部リンク>

浄化槽の日

毎年、10月1日は「浄化槽の日」です。この日は、浄化槽に関する諸制度を整備した「浄化槽法」(昭和58年5月18日公布・法律第43号)が昭和60年10月1日に全面施行されたのを記念して、昭和62年に当時の厚生省、建設省庁の主唱により設けられた記念日です。ご家庭の生活排水を見直すきっかけにしてください。

浄化槽とは

水栓トイレや台所、ふろ場などからの汚水を処理し、きれいな水にする施設です。浄化槽は微生物が汚水の中の汚物を食べ、きれいな水にする働きを利用しています。

浄化槽は維持管理および保守点検が必要です

浄化槽は適正な維持管理が行われないと、その機能が十分に発揮されなくなり、その放流水が河川などの汚れの原因になることもあります。そこで、機械の点検・補修や消毒剤の補給などが必要です。
また、浄化槽内にたまった汚泥を汲み取り清掃をしていただく必要があります。

合併処理浄化槽を設置して身近な水辺をきれいにしましょう

チラシ [PDFファイル/1.17MB]

 

多久市では、住宅、店舗、事業所その他の建築物(建売住宅は除く)に浄化槽を設置しようとする場合は、予算の範囲内で補助金を交付します。ただし、下水道が整備されている地域および公共下水道の事業計画区域内は交付されません。

多久市の浄化槽設置支援制度(補助金)についてはこちら

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)