ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

転入・転出・転居の際は届出が必要です

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

住所を移すときは、必ず届け出が必要です。
住民票は、住所や家族構成などの居住関係を証明し、選挙、就学、印鑑登録、国民健康保険、国民年金などの各種の行政サービスの基礎となります。

届け出方法

届け出時に窓口に来られた方の本人確認を行います。官公署発行の免許証、許可証、資格証明書などで写真が添付されているもの(有効期間内の運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなど)をお持ちください。
上記のものをお持ちでない場合、各種健康保険証、介護保険証、年金手帳などを複数お持ちください。

代理人の届け出

代理人が窓口に来られる場合は、本人または世帯主が記入し、署名押印した委任状が必要です。

転入届

多久市に転入するとき

届け出の期間 引っ越して来た日から14日以内に届け出てください。
※予定では受け付けることができません
必要なもの
  1. 前住所地の転出証明書
  2. 年金手帳(国民年金加入者のみ)
  3. 住民基本台帳カード
  4. 本人確認書類
  5. 在留カードまたは特別永住者証明書(外国人の方のみ)

国外からの転入の場合、パスポートが必要です。
届け出人が本人または世帯主以外の場合は委任状が必要です。

※1は住民基本台帳カード保持者のみ。

転出届

市外へ住所を移すとき

届け出の期間 引っ越しの前にあらかじめ届け出てください。

必要なもの

  1. 印鑑登録証(登録者のみ)
  2. 国民健康保険被保険者証
  3. 後期高齢者医療被保険者証
  4. 本人確認書類
  5. 在留カードまたは特別永住者証明書(外国人の方のみ)

届け出人が本人または世帯主以外の場合は委任状が必要です。
住民基本台帳カードをお持ちの方は、特例転出の対象になります。

2 3は、加入者のみ。
(3は国保加入の75歳以上の方)

注意

  1. 多久市での住民票および印鑑登録証明書が必要な場合は、転出予定日の前日まで発行できます。お持ちいただく書類は転出証明書と印鑑登録証です。
  2. 転出をやめるときは、転出証明書を持って、窓口係で「転出取消」の届け出をしてください。

転居届

市内で住所を移したとき

届け出の期間

引っ越しをしてから14日以内に届け出てください。
※予定では受け付けることができません。
必要なもの
  1. 国民健康保険被保険者証
  2. 後期高齢者医療被保険者証
  3. 住民基本台帳カード
  4. 本人確認書類
  5. 在留カードまたは特別永住者証明書(外国人の方のみ)

届け出人が同一世帯以外の場合は委任状が必要です。

※1 2は、加入者のみ。
 2は(国保加入の75歳以上の方)
 3は住民基本台帳カード保持者のみ。