ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

交通災害共済

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

交通災害共済とは

交通災害共済は、会員が会費を出し合い、交通事故に遭ったときに見舞金を贈りお互いに助け合う制度です。
事故により多くの人が、かけがえのない生命を失ったり障害を受けています。万一に備え今すぐ家族みんなで加入しましょう。

加入できる人は

多久市に住民登録をしている人です。修学のために、一時的に転出している人も加入できます。

掛け金は

1人500円(年額)加入は1人1口です。
(中途加入の掛け金も1人500円です。)

共済期間は

4月1日から翌年3月31日までです。中途加入できますが、掛け金は変わりませんのでできるだけ早く加入されることをお薦めします。中途加入の共済期間は、加入手続き(申込書提出+掛け金納付)された日の翌日から3月31日までとなります。
共済期間中に佐賀県内に限らず転出されても期間満了までは有効です。見舞金請求は加入された多久市ですることになります。

加入申込は

郵便局窓口または市役所防災安全課でお申し込みできます。
加入申込書に必要事項をご記入のうえ、掛け金を添えて、多久市内の郵便局の窓口で2月1日(新年度分)から申し込みできます。

この共済で交通災害というのは

日本国内で一般交通の用に供する道路、公共の駐車場、鉄道、定期航路等において自転車、バイク、自動車、電車、定期旅客船・フェリー等の走行中の交通事故による人身事故です。歩行者でも上記交通乗用具との衝突は対象となります。

災害見舞金の請求は

請求手続きは、防災安全課でお願いします。他市町村へ転出された場合でも、加入した多久市で手続きをお願いします。提出していただくものは、請求書(※)、加入者証(写)、交通事故発生申立書兼現認書(※)、自動車安全運転センター発行の事故証明書(写)、運転免許証(写)、診断書(※)です。(※については所定の様式が防災安全課にあります。)
死亡の場合は、戸籍謄本等が必要になります。
この災害見舞金は、自動車保険の事故の処理等とは関係ありませんので、治療が終了したらなるべく早く請求手続きをお願いします。

災害見舞金額は

交通事故に遭われた場合、下記の表の見舞金が支給されます。(請求は実治療日数が10日以上からです。)

区分

等級

災害の程度

見舞金額

自動車安全運転センター等の交通事故証明をつけたもの

1

死亡 100万円

2

自賠法第1級各号に掲げる障害 100万円

3

入院・通院実日数が150日以上 10万円

4

入院・通院実日数が100日以上 5万円

5

入院・通院実日数が50日以上 3万5千円

6

入院・通院実日数が25日以上 2万5千円

7

入院・通院実日数が10日以上 1万5千円
現認書をつけたもの

8

入院・通院実日数が25日以上

2万円

9

入院・通院実日数が10日以上

1万2千円

請求期間は

事故後2年以内です。治療が長期に渡る場合は、治療途中でも請求できます。一度請求した後に治療が続き、本組合の定める等級が繰り上がる場合は、事故後2年以内であれば加重(差額)請求をすることもできます。ただし、災害を受けた日から2年を超えたものは受付できません。

交通遺児援助一時金とは

本共済に加入している父または母が不幸にして交通事故により死亡した場合、同一生計にある義務教育終了前の子(遺児)に対して一時金として1人につき10万円が支給されます。

見舞金が支給されない場合とは

次の事故の場合は、災害見舞金は支給されません。

  1. 病気、交通災害にあたらない事故を原因とする死亡や障害、傷害
  2. 歩行中の単なる転倒、転落事故
    (シルバーカー等の歩行補助車運転者、身体障害者用車いす利用者、エンジンをかけない原付二輪車を押している者は、道路交通法では歩行者とみなされています)
  3. 小児用の3輪車、4輪車等の乗用遊具による事故
  4. 自殺行為による交通事故(本人)
  5. 無免許運転による交通事故(本人)
  6. 飲酒・酒気帯び運転による交通事故(本人)
  7. 麻薬・覚醒剤等を服用し車両運転中の交通事故(本人)
  8. 故意・重大な過失による交通事故(本人)
  9. 天災による交通事故
  10. 一般の人が立ち入ることのできない作業場、鉄道または軌道の路線内での交通事故
  11. 公道以外の場所での交通事故
    自宅敷地内、田畑、海岸、河川敷、広場、公園内の一般に通行できない場所、レース場内、自動車学校のコース内、一般車両が通行できない里道等

見舞金の支給が制限される場合とは

次の事故の場合は、災害見舞金の全部または一部が支給制限されることがあります。

  • 「見舞金が支給されない場合」の4から8に同乗中の交通事故
  • 治療上の医師の指示に従わなかったとき
  • 法令違反が原因で、加入者が事故を起こし災害を受けたとき
  • 暴走運転行為が原因で、加入者(同乗者)が事故を起こし災害を受けたとき
  • 盗難車または所有者に無断で他人の車を運転し、事故を起こし災害を受けたとき

注意事項

  1. 自動車安全運転センター等の証明がついていないものは現認書扱いとなり、災害見舞金は8等級または9等級になります。
  2. 対象となる治療機関は、健康保険証が使用できる病院・医院・診療所・柔道整復の施術所です。あんま、鍼、マッサージ、整体(カイロプラクティック)治療等は対象となりません。
  3. 治療期間は、入院は全日数、通院は実際に通院した日数です。
    ただし、1日のうち2か所以上で受診、診療(入院)を受けても1日として計算します。