ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

社会保障・税番号制度 特定個人情報保護評価(PIA)

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年6月28日更新
<外部リンク>

特定個人情報保護評価とは

社会保障・税番号制度における個人情報保護対策のひとつとして、実施機関(地方公共団体等)が個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報(個人番号をその内容に含む個人情報)の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを評価書にて宣言するものです。
詳細については、「特定個人情報保護評価の概要」をご覧ください。

特定個人情報保護評価の概要[PDFファイル/350KB]

評価書の公表

評価書については、公表が義務づけられており、多久市においても関係する事務毎に順次公表します。

マイナンバー保護評価Web(外部リンク)(別サイトが開きます)<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)