ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第72回「社会を明るくする運動」メッセージ伝達式を行いました

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2022年7月1日更新
<外部リンク>

 7月1日(金曜日)、犯罪や非行の防止、更生を考える「社会を明るくする運動」の伝達式を多久市役所で行いました。
 式では、岸田文雄内閣総理大臣のメッセージを佐賀保護観察所の稲田美津代所長から横尾俊彦市長へ、山口祥義佐賀県知事のメッセージを多久市更生保護女性会の中島慶子会長から小城・多久地区保護司会の倉富博美支部長へ、横尾市長からのメッセージを倉富支部長へ伝達しました。                                                                                                   伝達式で横尾市長は「保護司のみなさんをはじめ多くの方の貢献により、犯罪や非行をした人たちの更生を支え、安心安全な社会をつくることにつながっている。これからも皆さまの力添えをお願いし、明るい地域社会になることを念じたい」と話しました。

か   か

か   か   

「社会を明るくする運動」推進のため、保護司のみなさんと伝達式でメッセージを共有しました