ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

多久高校相撲部が市長を表敬訪問

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2022年3月16日更新
<外部リンク>

 3月19日(土曜日)、20日(日曜日)に高知県で開催される「令和3年度全国高等学校相撲選抜大会」へ出場する佐賀県立多久高等学校相撲部が3月15日(火曜日)に横尾俊彦市長を表敬訪問されました。
 同校相撲部は、昨年11月に行われた佐賀県大会で唐津青翔高等学校に勝利し、全国大会への出場権を獲得。大会に向けて日々練習に取り組んでおられます。
 同校相撲部の満上颯悟主将(2年生)は「団体、個人ともに優勝をめざして頑張ります」と大会への意気込みを力強く話され、横尾市長は「多久市、佐賀県の代表として今までの鍛錬の成果を発揮してきてください」とエールを送りました。
 全国大会では、団体戦のほか、満上颯悟さんが80kg級、東島翔さん(2年生)が無差別級に出場されます。なお、試合終了後にはYoutubeでの動画配信が行われる予定です。

大会への意気込みを話す満上主将
大会への意気込みを話す満上主将

い
満上主将(右から2人目)、東島さん(右から3人目)、小形顧問(左から1人目)、マネージャー4名、横尾市長(右から1人目)