ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

熱中症にご注意ください!

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年5月16日更新
<外部リンク>

熱中症にご注意ください!

 熱中症は7月から8月に多発しますが、気温や湿度の上昇に体が慣れていない時期も注意が必要です。

現場での応急処置~もしまわりの人が熱中症になってしまったら~

1.暑い場所にいた人が体調不良になったら、熱中症を疑いましょう

めまい、頭痛、吐き気、大量の発汗、筋肉痛、けいれん、だるい、頭がぼーっとするなどの症状が出たら熱中症の疑いがあります。

2.意識があるか確認する

(1)呼びかけに応えるときは、風通しのよい日陰や、空調のきいた室内などに移動させます。
  衣服を緩め、体を冷やしましょう。
   冷やすポイント:後頭部、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的です。

(2)反応がないときはすぐに救急車を呼ぶとともに、到着するまでの間に同様の応急処置をします。医療機関へは発症時の状況を知っている人が付き添い、できるだけ詳しくその時の環境や状態を医師に伝えましょう。もし持病や常用薬があれば同時に伝えましょう。

3.水分・塩分を取る

自力で水が飲めるときは、経口補水液やスポーツ飲料などで水分や塩分を補給しましょう。
※反応がないときに無理に水を飲ませないよう注意しましょう。

4.症状が改善したら

十分に休息した後、症状が改善したら、帰宅して無理をしないように休みましょう。
意識があっても改善しないときは医療機関を受診しましょう。

 

熱中症の症状が出る前に予防を徹底しましょう!

熱中症予防のポイント

・こまめな水分補給

十分な水分と塩分、また必要に応じてスポーツ飲料を補給しましょう。

・暑さを避けましょう

外を歩く際は日陰を選ぶなど、意識して暑さを避けるようにしましょう。
屋内においても扇風機やエアコンなどの空調設備を利用するなど、生活環境を工夫しましょう。

・運動中は予防を心がけましょう

運動中は適度に休息を取り、こまめに水分を補給するなど、予防策の徹底に努めましょう。

・衣服を工夫しましょう

衣服は軽くて吸湿性や通気性がよく、熱を吸収しにくい白系統のものが適しています。
また、外出の際には帽子や日傘を持ち歩くなど、身に着けるものも工夫しましょう。

詳しくは下記関連サイトをご覧ください

・佐賀県ホームページ「熱中症にご注意ください」<外部リンク>

・環境省熱中症予防情報サイト<外部リンク>

・厚生労働省ホームページ「熱中症関連情報」<外部リンク>

・熱中症関連リーフレット~ご存知ですか?予防・対処法~ [PDFファイル/2.38MB]

・熱中症関連リーフレット~思い当たることはありませんか?~ [PDFファイル/1.18MB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)