ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 多久市役所 > 健康増進課 > 多久市子宮頸がん予防ワクチン任意接種費用の払い戻しについて

多久市子宮頸がん予防ワクチン任意接種費用の払い戻しについて

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2024年2月7日更新
<外部リンク>

子宮頸がん予防ワクチン任意接種費用の払い戻し

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種の積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方で、すでにHPVワクチンを自費で受けた方には、多久市が定めている上限の範囲内で接種費用の払い戻し(償還払い)を行います。

対象者

 対象者は以下の項目すべてに該当する方です。

  • 令和4年4月1日時点で、多久市に住民票がある方
  • 平成9(1997)年4月2日から平成17(2005)年4月1日生まれまでの女子
  • HPVワクチン定期予防接種の対象時期を過ぎ、令和4年3月31日までに任意接種(自費)で受けた方

申請方法

 多久市役所健康増進課の窓口にて、「ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書(様式第1号)」を記入し、必要書類をそろえて申請してください。

必要書類

  1. 予防接種費用を証明する書類(領収書及び明細書、支払い証明書等)
  2. 予防接種状況が確認できるもの(母子健康手帳)(※1)
  3. 振込希望金融機関の通帳またはキャッシュカード(口座番号確認のため)
  4. 申請者の本人確認書類(免許証、マイナンバーカード等の氏名、住所及び生年月日が確認できるもの)

※1 接種履歴が確認できるものがない場合は、「ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種助成金交付申請用証明書(様式第2号)」の提出で申請することができます。

申請期限

  令和6年3月31日まで

申請書様式

 

   ※申請者は、18歳以上の場合は接種を受けた本人、18歳未満の場合は保護者です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)