ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

日本脳炎

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

対象者(多久市民)

※年齢は接種当日の年齢です。

標準的な接種方法

  • 第1期初回
    生後36月(3歳)から生後90月(7歳半)に至るまでの間にある者
  • 第1期追加
    生後36月(3歳)から生後90月(7歳半)に至るまでの間にある者
  • 第2期
    9歳以上13歳未満

平成11年4月2日から平成19年4月1日生まれの人

20歳の誕生日の前々日までは、接種不足分を定期接種として接種できます。接種方法については、下記の日本脳炎接種方法をご覧ください。

平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの人

第1期未完了者は、9歳以上になれば、未完了回数分を接種できます。

接種期間

通年

接種回数

  • 第1期初回
    6日から28日の間隔をおいて2回
  • 第1期追加
    第1期初回終了後11か月から13か月後1回
  • 第2期
    1回

日本脳炎接種方法

母子健康手帳で、下記1~4のどれに該当するか確認してください。
ご不明な点は、健康増進課へ問い合わせください。

  1. 1期の予防接種をまったく受けていない者
    1期初回1回目接種から6~28日の間隔を空けて1期初回2回目接種
    1期初回2回目接種から11~13か月の間隔を空けて1期追加接種
    1期追加接種から6日~5年の間隔を空けて2期接種
  2. 1期初回接種(2回)のうち、1回接種を受けた者
    1期初回1回目接種済から数年経過1期初回2回目接種
    1期初回2回目接種から6日以上の間隔を空けて1期追加接種
    1期追加接種から6日~5年の間隔を空けて2期接種
  3. 1期初回接種(2回)を受けた者
    1期初回2回目接種済から数年経過1期追加接種
    1期追加接種から6日~5年の間隔を空けて2期接種
  4. 1期(3回)が終了している者
    1期初回追加(3回目)接種済から6日~5年の間隔を空けて2期接種

※2期の接種は、9歳以上の者に対して、第1期接種終了後、6日以上の間隔をおいて、1回の接種を行うこととする。
(1期追加終了後、6日以上の間隔をおけば接種できるが、おおむね5年の間隔をおいて接種することが望ましい)

※1、2ともに、既に接種済みの接種と今回の接種間隔については、6日以上の間隔をおく。

接種費用

無料

※ただし対象年齢を過ぎると全額自己負担となります

接種場所と方法

※注意

  • 予防接種の種類に応じて接種できる医療機関が異なります。「実施医療機関リスト」でご確認ください。
  • ほとんどの医療機関では、事前の予約が必要です。事前に医療機関にご相談ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)