ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

母子手帳・妊婦健診・里帰り出産

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

母子健康手帳の交付および妊婦健康診査受診票の交付

母子健康手帳はお母さんと子どもの健康を記録するうえで大切なものです。
妊娠したらすみやかに届け出てください。母子健康手帳および、妊婦健康診査受診票をお渡しします。
このとき、窓口で、お母さんと赤ちゃんをつなぐ胎盤のこと、お母さんの体の変化やお腹の赤ちゃんの成長についてお話しをします。

※妊婦健康診査受診票(補助券)を最高14枚までの交付しています。

  • 日時:随時
  • 場所:健康増進課健康増進係(市役所1階)
  • 持ってくるもの:妊娠届け出書、印鑑、マイナンバーカード(または通知書)

里帰り・助産所などで健診を受診された方にも、健診費用を助成します

佐賀県、福岡県、長崎県の医師会に加入している医療機関では多久市から交付された妊婦健康診査受診票(補助券)が利用できますが、前記以外の医療機関では使用できません。また、助産所等での使用もできません。その場合は、健診費用を自己負担していただき、後日申請していただく(償還払い)対応となります。

里帰り・助産所等で健診を受けた場合、申請書と領収書を添えて健康増進課へ申請してください。
また、申請は出産日から起算して1年以内に行ってください。

助成金交付申請書の様式のダウンロード

提出先

健康増進課健康増進係

申請に必要なもの

  • 受診した検査項目を確認することのできる書類(受診票または母子健康手帳の写し)
  • 健康診査の受診費用の額を確認することのできる書類(領収書)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)