ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童センターを紹介します

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

平成29年4月1日多久市児童センター「あじさい」オープン

子どもたちが楽しく遊べる場所、そして多久市の子育ての拠点となる多久市児童センター「あじさい」がオープンします。

多久市児童センター「あじさい」の画像1

子どもたちが楽しく遊べるだけでなく、子育て中のお父さん、お母さんへの支援、また世代間の交流の場として市民のみなさんに楽しんでいただける施設です。

多久市児童センター「あじさい」の画像2

愛称「あじさい」

たくさんの花弁が寄り集まる「あじさい」をイメージして、子どもたちがこの施設にたくさん来てくれることを願って名づけました。

この施設は、旧北部小学校跡施設を改修し、子育て支援施設を集約することで、各事業の連携と強化をはかり、子育ての支援を行っていきます。

愛称「あじさい」の画像1

1階部分の目玉は小さな子ども達が遊べる「遊戯室」。
木製遊具を配置し、木の温もりを感じながら安心、安全に遊べるように工夫しています。
おままごとのおうちもあって、みんなで楽しく遊ぶことができます。

愛称「あじさい」の画像2

2階部分の目玉は、小学生以上が楽しく遊べる「多目的エリア」。
バドミントン、卓球などボール遊び等ができる広い部屋があります。
雨が降っている日でも、体を動かして遊ぶことができます。

愛称「あじさい」の画像3

児童センターの外には、乳幼児から小学生までの幅広い子ども達が楽しく遊べる複合遊具があります。
また、ドッジボールなどができるスペースもありますので、天気がいい日は思いっきり外で遊ぶことができます。

多久市児童センター「あじさい」は、

  • 子どもの遊び場
  • 子育ての支援の場
  • 世代交流の場

として、多くの人に親しんでいただけるよう楽しい施設にしていきます。

みなさんのご来場をお待ちしております。