ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

生活保護

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

生活保護制度

病気や事故、その他の理由で収入がなくなったり、少なくなり生活を維持することのできない方には、その最低限度の生活を保障する生活保護制度があります。

この制度は、国が定めた基準に基づいて生活費や医療費などを援助し、1日も早く自分の力で生活できるよう手助けをするものです。しかし、そのためには、自分の生活のためにあらゆる努力をすることが必要です。
生活にお困りの方は、地区の民生委員、福祉課(福祉事務所)・保護係へ直接相談してください。

生活保護とは

さまざまな事情から生活に困窮した時に、生活を援助する仕組みとして生活保護制度があります。
この制度は、生活にお困りの人に対し、その困っている状況や程度に応じて、健康で文化的な生活ができるよう、また、一日でも早く自分自身の力で生活できるよう、お手伝いすることを目的としています。

生活保護を受けるための要件

生活保護制度は、次のようなあらゆる手をつくしても自分の力で生活を維持することが出来ない場合、誰でも平等に受けることができます。

  1. 働ける人は能力に応じて働いてください。
  2. 世帯のすべての収入や資産など(例えば、自動車、土地、建物など)で売ったり貸したりできるものは、生活のために利用してください。
  3. 親子、兄弟などから援助が受けられる場合は、できるだけ援助してもらってください。
  4. その他、貯金、生命保険、他の制度によって支給される年金や手当てなど利用できるものは利用してください。

生活保護のしくみ

国が定めた最低生活費(注1)と、あなたの世帯のすべての収入(注2)をくらべて、最低生活費より収入が少ないときに、その不足分が支給されます。

保護を受けられる場合

保護が受けられない場合
(収入が最低生活費を上回る場合)

生活保護のしくみ の画像

(注1)

国が定めた最低生活費は、食事や衣服費、電気、ガス、水道など日常生活に必要とする費用と、家賃や義務教育費に必要な費用、医療などを足したものです。この最低生活費は、家族の年齢や人数などで異なります。

(注2)

収入とは、年金や手当て、給料など、あなたの世帯の全ての収入です。このうち働いて得た収入は、一定の控除額が認められています。

生活保護の手続き

相談

生活に困った時は、福祉課(福祉事務所)・保護係にご相談ください。社会福祉係では、地区担当員(ケースワーカー)が家庭の事情や困っている状況などをお聞きし、保護を受けるための要件を説明します。年金や手当てなどが受けられる場合は、その手続きなども説明します。面接でお聞きした内容についての秘密はかたく守りますので、ありのままをお話ください。

申請

生活保護は申請により開始されますので、面接の後に生活保護申請書など必要な書類を提出していただくとことになります。
生活保護の申請ができる人は本人か同居の親類、または扶養義務者の方に限られていますが、急な場合でその人たちが申請できない場合は、民生委員や病院からの連絡で調査し、生活保護を開始することもあります。

(注)民生委員とは

民生委員は、生活保護など福祉関係全般について、地域の人たちの相談に応じています。民生委員には秘密を守る義務がありますので、困ったことがありましたら相談してください。

調査

生活保護を申請されますと、地区担当員があなたのお宅を訪問するなど必要な調査を行います。福祉健康課(福祉事務所)・保護係は、この調査をもとに生活保護の要件を満たしているかどうかの決定を行うことになりますので調査にはご協力ください。

決定

調査が終わると、あなたの世帯が生活保護を受けられる(開始)か、受けられない(却下)かを決定し、書面でお知らせします。

生活保護の決定に疑問などがあるとき

通知された決定の内容について分からないことや疑問があるときは福祉課(福祉事務所)・社会福祉係にお尋ねください。
福祉課(福祉事務所)・保護係の決定にどうしても納得がいかない場合は、佐賀県知事に対して不服を申し立てることができます。