ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

西の原大明神(にしのはるだいみょうじん)

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

多久七代藩主多久茂堯の長女林姫が祀られています。林姫は、悲劇の死をとげたとされていますが、現在は安産の神様として有名で、多くの参拝者が訪れています。

西の原大明神の画像

所在地

佐賀県多久市多久町2638

交通

多久ICより車で25分。国道203号線(バイパス)を唐津方面に2Kmいき、荕原(あざみばる)交差点を左折し、市立病院を通り過ぎつきあたって右折、次の交差点を左折ししばらく直進すると、右側に見えます。