ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

官民連携の取り組み事例について

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2022年2月8日更新
<外部リンク>

官民連携の取り組み事例

(1)シェアリングシティ宣言(2016年11月24日)

体験型観光&在宅ワーク育成、現在もシェアリングエコノミー協議会加盟
https://sharing-economy.jp/ja/case/2819/<外部リンク>

シェアリングシティ宣言写真

(2)株式会社ガイアックス 連携協定(2017年2月23日)

体験型観光連携、2018~2019地方おこし企業人連携事業
https://saga-taku.tabica.jp/<外部リンク>

 

(3)株式会社トルビズオン 連携協定(2020年7月16日)

多久市まちづくり協議会と連携、空の道10本、未来都市を目指す
https://www.city.taku.lg.jp/soshiki/5/13698.html

トルビズオン連携協定式

(4)佐賀大学理工学部 連携協定(2021年7月19日)

最先端事例のセミナー(職員研修)の実施、佐賀大学学生と市職員のWS実施
/uploaded/attachment/12302.pdf

佐賀大学連携協定式

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)