ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

橋梁長寿命化修繕計画

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年3月29日更新
<外部リンク>

概要

多久市が管理する橋梁の大半は高度経済成長期以降に集中して建設された橋梁です。それらの橋梁が建設後50年を経過しようとしています。

今のような背景から、従来の傷んでから修繕する対症療養法型から計画的かつ予防的な修繕対策を行う予防保全型へ転換を図り、道路利用者に対する安全性・信頼性を確保し橋梁の維持管理費用の平準化、縮減を図る目的として、平成22年度に、国土交通省が定める長寿命化修繕計画策定事業費補助制度に基づき、橋梁点検を実施し『多久市橋梁長寿命化修繕計画』を策定しました。

平成26年度より5年に1度の近接目視点検が義務化され、平成29年度まで橋梁の1巡目の点検を終えました。この近接目視点検結果に基づき、平成30年度に多久市橋梁長寿命化修繕計画を改訂いたしました。

修繕計画に基づき橋梁の長寿命化に向けた取り組みを行っていきます。

多久市橋梁長寿命化修繕計画については、下記添付資料をご覧ください。

多久市橋梁長寿命化修繕計画 [PDFファイル/377KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)