ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

生活雑排水が水質汚濁の主な原因

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

一般家庭から排出される生活雑排水については、くみ取りトイレや単独浄化槽を使用してる家庭では、ほとんどが未処理のまま放流されてきましたが、これは従来、一般家庭から排出される程度のものであれば汚濁原因とはならないとして、多くの地域で容認されてきたことによります。

 しかし、生活水準の向上に伴う水使用容量の増加や、食生活の多様化などのより、生活雑排水お汚濁負荷量はますます増大傾向にあることから、適正な処理が求められています。

暮らしの中からでてくる汚れってどれくらい?

暮らしの中から出てくる汚れの種類と値の表の画像

参考:B・O・D(生物科学的酸素要求量とは)

水の有機汚染指標の一つ。水がどの程度汚れているかを示す基準で数値が高くなるほど、汚れていることになります。なお、多久市に関する牛津川環境基準点の生物化学的酸素要求量の目標数値は5ミリグラム/リットルとなっています。