ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農業集落排水施設について

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年3月5日更新
<外部リンク>

快適な生活環境と活力ある農村社会の形成を目指して

今日、農村社会における混住化の進展、生活様式の高度化、農業生産形態の変化などにより、河川や用排水路などの水質汚濁が進行し、農村の水環境をめぐる状況は大きく変化して、快適な生活環境と農業の生産環境の両面に大きな問題が生じています。

近年、各家庭においては、水洗トイレによる快適な生活を望む声が高まりつつあり、特に、若い世代にその要望が高く、都市的生活様式が望まれています。

このため、多久市では、平成12年度より農業集落排水事業(下水道)納所地区の整備を進め、平成17年1月27日より供用を開始しています。

農業集落排水施設(下水道)が整備されることにより、トイレの水洗化という個人生活の充実だけでなく、くみ取り便槽の撤去で、ハエや蚊の発生を防ぎ衛生的で快適な生活環境を送ることができます。また、これまで水質汚濁の原因となっていた一般家庭の洗剤の水や、料理に使われる油や水などによる生活雑排水が浄化され、河川や農業用用排水施設の機能維持の改善を図り、公共用水域の水質保全に貢献することができ、生産性の高い農業と活力ある農村社会の形成を造ることができます。

このため、農業集落排水施設(下水道)普及の推進、向上については、皆さんのご理解、ご協力が不可欠となりますので、よろしくお願い申し上げます。