ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学生の国民健康保険証ってどうなるの?

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2022年3月1日更新
<外部リンク>

進学のため市外に転出するときは…

マル学とは、修学中の被保険者に適用される特例です。

多久市の国民健康保険被保険者証(以下 国保保険証)を持っている人が、大学・短大など、進学のために市外に転出するときは、届け出をすることで引き続き多久市の国保保険証を使用することができます。そのため、転出先の市町村で新たに国保に加入する必要はありません。

多久市に住民票がない人が、親元である多久市国保に引き続き加入するには…

マル学の手続きが必要です

転出手続きの際、学生として転出することをお知らせください。
お知らせがない場合は、多久市の国保を喪失する手続きを行います。

【手続きに必要なもの】

・国民健康保険法第116条届 ・国保の保険証 ・在学証明書(原本)または合格通知書 

・窓口に来られる方の本人確認書類(マイナンバーカード・免許証等)

※ただし、合格通知書の提示で手続きした場合は入学後に在学証明書の原本の提出をお願いします。

国民健康保険法第116条届 [PDFファイル/173KB]

毎年手続きが必要です

学生である間は、毎年手続きが必要です

学生であることを確認するため、書類を3 月下旬に送付しますので、その書類に在学証明書または学生証の写しを添えて5月上旬までに提出してください。

※期限までに提出されないと、更新時に新しい保険証を交付できないことがあります。

学生でなくなったときは…

多久市の国保を喪失する手続きが必要です

卒業や退学などの理由により学生でなくなった場合は、マル学を終了する手続きが必要です。その際は多久市の国民健康保険証を持って、マル学終了の届出をしてください。

※ マル学終了と同時に国保喪失となりますので、社会保険などに加入されない場合は、住民登録している市区町村の国保に加入してください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)