ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ジェネリック医薬品差額通知を送付しています(後期高齢者医療保険)

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年8月1日更新
<外部リンク>

後期高齢者医療保険加入者に「ジェネリック医薬品のお知らせ」を送付しています。

このお知らせは、現在服用されている薬をジェネリック医薬品(後発医薬品)に切り替えた場合、薬代の自己負担額をどのくらい軽減できるかを試算したものです。                                                                       

送付対象者は、令和3年4月に処方された分で一定額以上の軽減が見込まれる人です。

ジェネリック医薬品に切り替えを考えている人は、まずはかかりつけの医師・薬剤師に相談ください。

※ 切り替えを強制するものではありません

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、最初に作られた薬(先発医薬品:新薬)の特許が切れてから作られた薬です。

先発医薬品よりも安価で、効き目や安全性が同等であることを厚生労働省が承認した薬です。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)を使用することで、患者様の負担の軽減や医療保険財政の改善が期待されています。

厚生労働省が推進している施策の1つでもあり、積極的な取り組みを求めています。

安心してご利用くださいジェネリック医薬品(厚生労働省 政府広報オンラインHP)<外部リンク>

【問い合わせ】

佐賀県後期高齢者医療広域連合
電話:0952-64-8476