ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

7月から国民年金保険料の免除等申請を受け付けます

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年7月9日更新
<外部リンク>

国民年金の保険料は、毎月納付が必要ですが、経済的に納付が困難な場合は、本人の申請で「国民年金保険料免除・納付猶予制度」を受けることができます。

保険料を未納のままにしておくと、将来の「老齢基礎年金」や障害・死亡といった不慮の事態が生じたときの「障害基礎年金」・「遺族基礎年金」を受け取ることができない場合があります。

※免除ができる期間は、申請日の2 年1 か月前までさかのぼることができます

審査基準

本人・世帯主・配偶者 それぞれの前年所得が一定額以下

持ってくるもの

  • 年金手帳またはマイナンバーの分かるもの(本人確認要)
  • 申請者の印鑑(本人以外の人が申請書の記入をする場合のみ必要)
  • 【離職者がいる場合】 離職票または雇用保険受給資格者証など
  • 【学生の場合】 学生証の写しまたは在学証明書

免除内容 

国民年金免除一覧表

免除種類

免除額

保険料

受給額(年金額)

受給資格期間に計算

免除期間

申請免除

全額免除

16,410円

0円

8分の4

計算

7月から翌年6月まで

4分の3免除(4分の1納付)

12,310円

4,100円

8分の5

計算(免除後の保険料を納付した期間)

半額免除(半分納付)

8,200円

8,210円

8分の6

4分の1免除(4分の3納付)

4,100円

12,310円

8分の7

納付猶予制度(50歳未満の人)

16,410円

0円

反映されません

計算

学生納付特例制度

16,410円

0円     

反映されません

計算

4月から翌年3月まで

市報(たく日和)にも掲載中

※詳細はコチラ→「たく日和」令和元年7月号9P [PDFファイル/892KB](ファイル上部の記事をご覧ください)

問い合わせ

佐賀年金事務所
電話:0952-31-4191

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)