ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新しい国保のはなし~平成30年度からの国保税の決め方~

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年3月11日更新
<外部リンク>

これまで市町村単位で運営してきた国民健康保険(以下、国保)が、平成30年4月から佐賀県全体で運営するしくみに変わりました。

ここでは、変更となる国保税の決め方をわかりやすく説明します。

国保のしくみは下図のように新しく変わります。

今まで

国保いままでのしくみ

これから

国保これからのしくみ

Q.【1】納付金ってなんですか?

A.県全体で国保運営をするために、各市町に負担を求めたものです。市町ごとに金額は違います。

Q.多久市の医療費が高かったら.【1】納付金を追加で払ったりしなきゃいけないの?

A.いいえ、あらかじめ決められた【1】納付金をおさめれば、その年度は、追加の支払いはありません。

Q.「【3】医療費分の【2】交付金を多久市へ」とあるけど。多久市が支払う医療費を県が全額負担してくれるってことなの?

A.そういうことです。
県全体で運営(負担)できるメリットですね。

Q.それじゃあ今回のしくみの変更はいいことばかりだね!

A.そうとばかりは言えません
【1】納付金の額は医療費水準に応じて高くなるしくみになっています。慢性的に【3】医療費の額が大きい市町は、毎年【1】納付金が高くなってしまいます。

Q.これから国保税額の決め方も変わるの?

A.変わります。【3】医療費は県が全額負担するので市が負担するのは【1】納付金【4】保健事業費等です。
【1】【4】の支出を確保できるとされる税率を県が各市町に提示します。これを「標準保険税率」と言います。
各市町は、この「標準保険税率」を参考に国保税額を決めていくことになります。

Q.平成30年度(平成30年4月以降)の多久市の国保税はどうなるの?

A.県が提示する「標準保険税率」に従えば増額になります。

Q.えーっ増額。その「標準保険税率」って必ず従わなければいけないの?

A.いいえ、「標準保険税率」に従うかどうかは各市町の判断に任されています。

Q.じゃあ従わなくてもいいんじゃない?「標準保険税率」に従わないとどうなるの?

A.国保税以外で【1】納付金【4】保健事業費等の支出に使えるお金(基金積立)があればそのお金を使って税率を低くできますが、多久市はそのお金がほとんど残っていません。県が決めた税率に従わないと【1】【4】の財源となるお金が足りなくなってしまいます。

Q.なぜ「標準保険税率」に従えば多久市の国民健康保険が増額になるの?

A.詳しくはコチラ→新しい国保のはなし~なぜ国保税が増額になるの?~1

A.詳しくはコチラ→新しい国保のはなし~なぜ国保税が増額になるの?~2

市報にも掲載中

※詳細はコチラ

国保だより(特別号)でも制度の主な変更ポイントをお知らせしています。

※詳細はコチラ→国保だより(特別号)[PDFファイル/2,4MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)