ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

工事請負契約の手続き(変更契約)

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年4月2日更新
<外部リンク>

建設工事変更請負契約書の提出方法

1.建設工事変更請負契約書

契約書と解体工事等明細書を袋とじにして、2部提出してください。(変更契約書内の工期は変更後を黒で、変更前を赤で記入してください)
解体工事明細書は該当する工事のものを必ず綴じこんでください。

※当初請書により契約していた場合で、契約を変更するときは、変更請書を1部提出してください。この場合は解体工事等の明細は必要ありません。

2.工程表

変更後の内容を黒で、変更前の内容を赤で記入し、変更の内容が分かるようにしてください。
工程ライン(線)は変更後を上段、変更前を下段に表示してください。
工期の変更がない場合も必ず提出してください。

3.契約保証金

当初契約の締結時に金融機関の保証書や保険会社の履行保証保険等を契約保証金として提出している場合で、工期の変更(延長)があるときは、契約保証の内容変更が必要です。保証期間および債務履行請求期限を延長し、変更した保証書または履行保証保険等を提出してください。
また、変更後の請負金額が当初契約の1.25倍以上になる場合は、保証額を変更した保証書または履行保証保険等を提出してください。

変更契約関連ファイル