ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

情報公開制度

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

情報公開制度とは?

情報公開制度とは、市が保有する公文書を市民等のみなさんの請求に応じて公開する制度です。この制度によって、市民の市政への信頼を高める一方、市政への市民参加をすすめ、公正で民主的な市政の運営を実現することを目的としています。

制度を実施する機関は?

この制度を実施する機関は、市長、議会、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会および公営企業管理者です。

請求できる人は?

どなたでも、公文書の公開の請求ができます。

請求できる公文書は?

実施機関の職員などが仕事をするうえで作成し、または取得した文書、図画、写真、フィルム、磁気、光学などの記憶媒体から出力され、または採録されたものであって、組織的に用いるものとして、当該実施機関が管理している公文書が請求できます。

請求の窓口は?

請求は、市役所3階の総務課行政係で受け付けます。

多久市情報公開・共有条例の概要(請求から公開までの流れ)[PDFファイル/181KB]

請求の方法は?

請求をされる方は、請求窓口で備付けの情報公開請求書に必要事項を記入のうえ提出してください。
なお、郵送等による請求はできますが、電話、口頭による請求はできません。

情報公開請求書 [PDFファイル/75KB]

公開、非公開の決定は?

実施機関は、請求書の提出があった日から15日以内(やむを得ない理由のある場合は原則として30日以内)に公開するかどうかの決定をし、その後、文書でお知らせします。公開の場合は、いつ、どこで公開できるかを記入のうえお知らせします。非公開の場合は、その理由を記入のうえ、お知らせします。
なお、公開決定後、閲覧(写しの交付を受け)に来られる際は、決定通知書を持って指定の場所へお越しください。

費用は?

公文書の閲覧は無料ですが、写しの交付を希望されるときは有料となります。(白黒コピー1枚A3まで片面10円、カラー1枚100円など)
なお、写しの郵送をご希望の場合は、あわせて郵送料も必要となります。

決定または公開請求に係る不作為に対して審査請求をするときは?

決定または公開請求に係る不作為に対して審査請求をするときは、その決定があったことを知った日の翌日から起算して3か月以内に市長に対して審査請求ができます。審査請求が適法な場合は、学識経験者などで構成する多久市情報公開・個人情報保護審議会が、審査請求に対して中立な立場で公正な審査を行います。実施機関は、審議会の答申を尊重して、再度決定を行います。

情報公開審査請求書[PDFファイル/79KB]

公開できない公文書は?

市が保有する公文書は、公開を原則としていますが、次に揚げる情報が記録された公文書は公開できないことがあります。

  • 法令などの規定により公開することが禁止されている情報
  • 個人に関する情報で特定の個人が識別され、もしくは識別され得るもの
  • 法人その他の団体の情報または個人の情報で、公開することにより、その法人などまたは個人に明らかに不利益を与えると認めるもの
  • 市の機関と国または他の地方公共団体の機関との間の委任、依頼、協議などの情報で、公開することにより、市と国などとの協力関係が大きく損なわれるおそれのあるもの
  • 市の機関内部もしくは機関どうしまたは市の機関と国などの機関との間における審議、協議、検討、調査、試験研究などの情報で、公開することにより、その審議などまたはその事務事業もしくは同種の事務事業の公正かつ円滑な実施に大きく支障が生じるおそれのあるもの
  • 市または国などの機関が行う監査、監督、検査、交渉、争訟、入札、許認可、試験、人事などの情報で、公開することによりその目的を失わせ、公正かつ円滑な実施に大きく支障が生じ、または関係者との信頼関係もしくは協力関係が大きく損なわれるおそれのあるもの
  • 人の生命、身体、財産などの保護、犯罪の予防捜査およびその他公共の安全と秩序の維持に支障が生ずるおそれのある情報
    ただし、公開できない情報が記録されている公文書であっても、当該部分を容易に切り離すことができる場合は、その部分を除き公開することとなります。

その他

多久市情報公開・共有条例については

多久市情報公開・共有条例 <外部リンク>

過去5年間の情報公開請求状況については

国の行政機関や独立行政法人などの情報公開制度については

情報公開・個人情報保護総合案内所<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)