ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新型コロナウイルス感染症情報

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年2月18日更新
<外部リンク>

新型コロナウイルス感染症に関する情報

※2月18日更新しました

 中華人民共和国湖北省武漢市で、令和元年12月以降、新型コロナウイルス感染症の発生が報告され、中国を中心に世界各国での感染が報告されています。
 感染した場合は通常の風邪と同様、発熱、咳、くしゃみなどの呼吸器症状があり、重症化すると肺炎を引き起こします。
 潜伏期間は、世界保健機関(WHO)によれば1~12.5日とされています。

日常生活で気を付けること

流水と石けんを使ってこまめに手を洗いましょう。
特に外出した後や咳をした後に口や鼻、目などを触る前には手洗いをしましょう。
咳をする場合には、マスクの着用や、鼻をティッシュで覆うなどの咳エチケットを行い、周りの人への感染を予防しましょう。
発熱などの風邪の症状が見られるときは外出を控えましょう。
発熱などの風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

帰国者・接触者相談センターに相談する目安

次のいずれかに該当する人は、帰国者・接触者相談センターに相談してください。

(1)風邪の症状や37.5度以上の熱が4日以上続く人
 (解熱剤を飲み続けなければならない人も同様です。)
(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある人

なお、次のような人は重症化しやすいため、症状が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターに相談してください。

(1)高齢者
(2)糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患がある人や透析を受けている人
(3)免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている人

また、妊婦の人については、念のため重症化しやすい人と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに相談してください。

帰国者・接触者相談センター 佐賀中部保健福祉事務所 電話:0952-30-3622
受付時間:平日8時30分から17時15分(ただし緊急の場合は、夜間・土日も含め時間外も対応可能。自動応答メッセージの指示に従い対応してください。)

新型コロナウイルス感染症に係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

電話:0120-565-653(フリーダイヤル)
受付時間:9時から21時(土日祝日も実施)

参考資料

新型コロナウイルス感染症に関する基礎知識(令和2年2月18日時点) [PDFファイル/347KB]

マスクについてのお願い [PDFファイル/244KB]

関連リンク

厚生労働省ホームページ<外部リンク>

佐賀県ホームページ<外部リンク>

国立感染症研究所ホームページ<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)