ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

家族介護教室

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年12月4日更新
<外部リンク>

家族介護教室に参加してみませんか

家族等の介護をしている人、介護のことに興味がある人を対象に家族介護教室を開催します。
今年は「からだ・こころ・食」テーマで、3回の開催を予定しています。
定員は 30名、参加費は 無料です。

 

 

 

第1回 からだのこと

第1回目は血液データからわかる体の状態についてや、フットケア(足のお手入れ)について、学んでいきます。
高齢者、特に糖尿病の人や透析を受けている人は、足の病気を引きおこすリスクが高くなります。足の小さな傷から重症化を招くことも多く、日頃から観察・ケアを行うことがとても大切です。本教室では看護師で糖尿病療養指導士の江頭早苗さんを講師にお迎えし、具体的なケアの方法などを教えていただきます。

日時 令和元年12月21日(土曜日) 10時~12時(受付 9時30分~)

場所 中央公民館 視聴覚室

持ってくる物 筆記用具、タオル、水筒

第2回 こころのこと

第2回目は音楽で心も体もリフレッシュ!
介護予防音楽療育指導士の小野佳子さんを講師に、呼吸法や声を出してのリラックス法などを行います。
介護する側もされる側も、ストレスをため込まず、気持ちを切り替えることも大切なことです。

日時 令和2年1月26日(日曜日) 10時~12時(受付 9時30分~)

場所 中央公民館 視聴覚室

持ってくる物 筆記用具、タオル、水筒

第3回 食のこと

第3回目は高齢者のための食と、介護食について学びます。
管理栄養士の今村晶紀子さんを講師に、実際に調理し、試食も行います。
いつもの食事を介護食へアレンジする方法など、気負わず作るヒントがきっと見つかります。

日時 令和2年2月22日(土曜日) 10時~13時(受付 9時30分~)

場所 中央公民館 和室西・調理室

持ってくる物 筆記用具、タオル、水筒、エプロン