ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ドローン(無人航空機)を活用した地方創生連携協定

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年7月13日更新
<外部リンク>

概要

多久市は、平成28年11月に全国初のシェアリングシティ宣言を行い、Iotを活用した地域課題の解決に向けての取り組みを行ってきました。さらに、今回は、空のシェアリングエコノミーに取り組みます。
下記日程で、株式会社トルビズオンと「ドローン(無人航空機)を活用した地方創生連携協定」を結び、多久市まちづくり協議会と連携したソラのシェアリングエコノミーに取り組んで行きます。

ソラシェア (1) [その他のファイル/595KB]

ソラシェア (2) [その他のファイル/365KB]

 

内容

・上空シェアリングサービス「sora:share」(ソラシェア)の実証実験

・目的達成に必要な情報の交換及び共有

・その他、地方創生に役立てる取組に関すること

日時

令和2年7月16日(木曜日) 13時30分から

場所

多久市役所2階 第2委員会室