ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

コマツカスタマーサポート株式会社と進出協定を締結しました

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年12月13日更新
<外部リンク>

 令和元年12月11日にコマツカスタマーサポート株式会社(本社:東京都)と多久市は、佐賀県企業立地課木下参事立ち会いのもと、進出協定を締結しました。

 同社は、建設機械とフォークリフトの販売・修理・レンタル事業を展開されており、現在、佐賀県内にある4拠点を統合し、多久北部工業団地に進出されます。敷地面積は約16,000平方メートル、投資額は8億円、雇用に関しては配置転換も含め67人(うち新規地元雇用は5人)を計画されており、操業開始は令和3年3月を予定されています。

 進出協定締結式では、三浦和明社長が「統合による相乗効果を発揮して地域の発展に貢献したい」とあいさつされ、多久市長は「今回の進出により会社のさらなる発展を願うとともに、多久市としても佐賀県企業立地課と連携しながらできる限りサポートしていきたい」とあいさつしました。

コマツカスタマーサポート株式会社と進出協定を締結