ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

人権・同和問題に関する多久市民意識調査結果について報告します

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年4月15日更新
<外部リンク>

平成30年度人権・同和問題に関する多久市民意識調査報告書

 今回の調査は、平成25年度の調査から5年が経過したことにより実施するものです。

1調査の目的

 多久市民の人権・同和問題に関する意識を調査することにより、これまでの教育・啓発の成果や問題点を明らかにし、差別のない明るい社会づくりを推進するために実施しました。

2調査の方法等

 平成30年4月1日現在、多久市に在住する20歳以上の市民700人を男女別、年代別に無作為に選んでアンケートを実施しました。調査は平成30年6月から行い、約48%に当たる336名の市民から回答をいただきました。

3質問の項目

1日常生活の中での考え方
2人権問題について
3同和問題について
4同和問題の解決について
5啓発活動について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)