ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

人権だより(8月)

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2022年8月1日更新
<外部リンク>

8月は同和問題啓発強調月間です!

佐賀県では、毎年8月を「同和問題啓発強調月間」と定めています。多久市では、この期間に街頭キャンペーンや啓発パネル展、同和問題講演会など、同和問題の正しい理解と認識を深めるための啓発活動を集中的に行います。

同和問題(部落差別)の正しい理解のために

同和問題とは、同和地区出身であることや、そこに住んでいるという理由だけで、結婚を反対されたり、就職や、日常生活の上でさまざまな差別を受けるという日本固有の深刻な人権問題です。
 「部落差別の解消の推進に関する法律」には、現在もなお同和問題(部落差別)が存在すること、差別は許されないものであり、解消することが重要な課題であることが明記されています。
 私たち一人ひとりが噂や偏見に惑わされないよう、同和問題を正しく理解し、差別や偏見をなくす行動ができる人権感覚を育んでいきましょう。

ほかの誰かでなく、自分のこととして考えてみましょう

「もう差別とか起きていないんじゃないの?」という声が聞かれます。しかし、果たしてそうでしょうか。結婚や就職、土地購入における差別、戸籍の不正取得、ネット上での差別的な書き込みなど、毎年差別事象が発生しています。
 差別は見ようとしなければ見えません。気づこうとしなければ気づきません。「自分が知らないから差別はもう無い」と決めつけるのではなく、差別がどこに隠されているのかを見抜く力をつけましょう。
 無関心は、知らないうちに新たな差別を生むことがあります。ほかの誰かでなく、自分のこととして、同和問題(部落差別)を正しく理解し、行動しましょう。

街頭キャンペーンのお知らせ

場所 ユアー新鮮館(多久町)、久我商店(東多久町)、あいぱれっと(多久駅)
期日 8月1日(月曜日)
時間 午後5時~
内容 啓発グッズを配布します。なくなり次第終了となります。

啓発パネル展のご案内

多久市役所市民ホール
期日 8月1日(月曜日)~5日(金曜日)
時間 午前8時30分から午後5時(最終日は午後3時まで)

南多久公民館
期日 8月8日(月曜日)~10日(水曜日)
時間 午前8時30分から午後5時(最終日は正午まで)
期間中は、同和問題に関するDVDを放映します。

一人で悩まずご相談ください

同和問題に関する人権相談を行っています。一人で悩まずご相談ください。
相談は、多久市人権・同和対策課までご連絡ください。
電話 0952-75-4824
時間 午前8時30分から午後5時まで(土日、祝日は休みです)