ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「後期高齢者医療保険」 ~8月から被保険者証が新しくなります~

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2022年7月1日更新
<外部リンク>

令和4年度は後期高齢者医療被保険者証を2回郵送します

令和3年度の被保険者証(緑色)の有効期限は、7月31日(日曜日)までとなっていますので、新しい被保険者証を簡易書留で郵送します。令和4年度の被保険者証は全員に2回郵送します。

これは、令和4年10月1日より一部の対象者に医療機関での窓口負担が2割になる方への対応のためです。

被保険者証の送付スケジュールなどは以下の表のとおりです。

7月中に送付する紫色の被保険者証の有効期限は9月30日(金曜日)までとなっています。期限が短くなっていますが間違いではないのでご注意ください。

※2割負担の記載がある対象者は9月中に送付する橙色の被保険者証からとなります。7月中に送付する紫色の被保険者証には2割負担の記載がある方はいらっしゃいません。

(窓口負担が2割になる方について詳しくは別ページ「後期高齢者医療の窓口負担割合見直しについて」に掲載していますのでご参照ください。)

 

送付時期

被保険者証の色

有効期限
7月中 紫色

令和4年9月30日(金曜日)

9月中 橙色

令和5年7月31日(月曜日)

限度額適用認定証も同封しています

医療機関の窓口に提出することで窓口での支払い負担や食事代を軽減することができる限度額適用認定証も、現在お持ちで世帯の所得も大きく変わらない方へは被保険者証と一緒に同封されていますので、新たに申請は不要です。

世帯の所得によっては限度額適用認定証が必要ない方や、被保険者証の負担割合が変更となり、交付対象となった方などは被保険者証に同封されていません。新たに申請が必要な方もいらっしゃるため、ご注意ください。

なお、限度額適用認定証は被保険者証と異なり、7月の一回しか送付されませんが、一年間使用できます。

有効期限は令和5年7月31日(月曜日)となっています。

限度額適用認定証について詳しくはこちら→佐賀県後期高齢者医療広域連合<外部リンク>