ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

点検商法に注意しましょう

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2022年7月1日更新
<外部リンク>

寄せられている相談・事例

  近所で工事しているという事業者が来訪し「お宅の屋根がめくれているのが見えた。屋根にのぼって点検する」と言うので依頼した。点検後、屋根が浮いている写真を見せられ、そのままにしておけないと思い、約30万円の修理を契約した。その後、家族の勧めでハウスメーカーに確認してもらうと「釘を引き抜いたような新しい傷がある」と言われた。という事例が報告されています。

ひとことアドバイス

  • 訪問業者が、点検箇所をわざと壊して撮影し勧誘するなど、悪質なケースもみられます。
  • 修理を勧められてもその場で契約せずに、複数の事業者から見積もりを取りましょう。
  • 家族や周囲の人は、不審な人物が来ていないか、見慣れない書面がないかなど気を配りましょう。
  • 工事終了後でもクーリング・オフできる場合があります。

困ったときや相談したいとき

次の窓口へご連絡ください。

  • 市民生活課 生活環境係 消費生活相談窓口 Tel 0952-75-6117
  • 消費者ホットライン 188(いやや)