ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

災害用の備蓄食品は定期的に入れ替えましょう

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年10月1日更新
<外部リンク>

こんな相談が寄せられています

 備蓄用に購入していたレトルトカレーが、気が付くと賞味期限を過ぎていた。試しに一度食べたが、味に変化はなかった。まだたくさん残っているが、食べても支障はないか。

ひとことアドバイス

  • 1人当たり3日分、大規模災害発生に備えるなら1週間分の備蓄があると良いとされています。
  • 消費期限は「食べても安全な期限」、賞味期限は「おいしく食べることができる期限」です。賞味期限は、過ぎてもすぐに廃棄せずに自分で食べられるかどうかを判断することも大切です。
  • 食品ロスの約半分は家庭から出ています。食品ロス削減のためには、使い切れる分だけ買う、家にある食材・食品をチェックするなど家庭での取り組みが重要です。

困ったときや相談したいとき

次の窓口へご連絡ください。

  • 市民生活課 生活環境係 消費生活相談窓口 Tel 0952-75-6117
  • 消費者ホットライン 188(いやや)