ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

『犬の登録』『狂犬病予防注射』はお済みですか

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

生後91日以上の犬は、「狂犬病予防法」により、生涯1回の登録と狂犬病予防注射の接種(毎年1回)が義務付けられています。

犬の登録

「犬の登録申請書」を市役所市民生活課へ提出してください。「鑑札」を交付します。(登録手数料3,000円)
なお、登録の手続きは毎年4月頃に実施する狂犬病予防集合注射会場でもできます。

狂犬病予防注射

毎年4月頃に行われる狂犬病予防集合注射の際に接種するか、個別に動物病院で接種してください。
集合注射会場ではその場で「狂犬病予 防注射済票」を交付(交付手数料550円)しますが、動物病院で接種した場合、 動物病院で発行される「狂犬病予防注射済証」を市役所市民生活課へ提出し、「狂犬病予防注射済票」の交付を受けてください。
※「狂犬病予防注射済票」は「鑑札」と同じく、犬の首輪につけておいてください。

犬を飼うためのルール

  • 飼い犬を人畜などに被害を与えないようにけい留してください。
    ※けい留…飼い犬を丈夫なくさり、もしくは綱でつなぎ、またはおり、さく、もしくは障壁の中に入れて、その行動を一定範囲に制限しておくこと。
  • 飼い犬をけい留している場所から連れ出す場合は、丈夫なくさりまたは綱をかけてください。
    かむおそれのあるときは、口輪をかけてください。
  • 飼い犬が人等に危害を加えたときは、早くに市または県に届け出をしましょう。
    また、狂犬病の疑いの有無について、この犬を獣医に検診させなければなりません。

犬が死亡した場合

登録の抹消が必要となりますので、市役所市民生活課に届け出をしてください。
その際、「鑑札」を返却して頂いておりますのでご準備ください。

住所の移動、飼主の変更など、登録事項に変更があった場合

登録事項の変更が必要になりますので、市役所市民生活課に届け出をしてください。
他の市町から転入した場合、前の市町で交付された「鑑札」をご持ってくるください。
多久市の「鑑札」と引換に交付します。

「鑑札」や「狂犬病予防注射済票」を紛失した場合

市役所市民生活課で再交付の申請をしてください。

  • 「鑑札」再交付手数料 1,600円
  • 「狂犬病予防注射済票」 340円