ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

微小粒子状物質(PM2.5)の測定結果(速報値)の公表について

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

佐賀県では、県内の大気汚染の状況を把握するため、県内の各地に配置した測定局で、大気汚染物質を常時監視測定をされています。
微小粒子状物質(PM2.5)についても、12の測定局で測定し、県ホームページ「佐賀の環境情報」において測定結果(速報値)<外部リンク>を公表されています。

微小粒子状物質(PM2.5)とは

肺の奥深くまで入りやすく、ぜん息や気管支炎など呼吸疾患や循環器系へ影響を与えると考えられています。
詳しくは環境省ホームページ<外部リンク>をご覧ください。

微小粒子状物質(PM2.5)の環境基準

年平均値が15μg(マイクログラム)/立方メートル以下であり、かつ、日平均値が35μg/立方メートル以下であること。
(1μg=0.001mg)

微小粒子状物質(PM2.5)の関連リンク(外部リンク)

問い合わせ

佐賀県環境センター
電話 0952-30-1616
多久市 市民生活課 生活環境係
電話 0952-75-6117