ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

光回線サービス契約変更のときの注意点のお知らせ

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年8月31日更新
<外部リンク>

契約中の大手通信事業者Aを名乗る電話があり、「光コラボの案内。今より安くなる。」と勧誘されたため、A社のプラン変更だと思い手続きをしたら別会社との契約だった、という相談が寄せられています。

光コラボレーション事業者との契約は、NTT西日本やNTT東日本との契約ではありません。
安くなると勧誘されても他のオプションサービスとセット契約の場合、今の料金よりも高くなることがあります。
勧誘されても、内容が理解できない場合ははっきり断ること、すぐに返事をしないで家族等に相談することが大切です。
解約したいと思ったときは、すぐに光コラボレーション事業者に申し出ましょう。契約書類を受け取った日または電気通信サービス提供開始日の遅いほうの日を含めた8日間は、解約ルールの対象になります。

困ったときやトラブルにあったときはお早めに、市民生活課 消費生活相談窓口 電話75-6117 または消費者ホットライン188(いやや)へご相談ください。