ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成25年度当初予算概要

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

一般会計

予算総額107億8千万円(前年比△18.3億円△14.5%)

平成25年度の一般会計の予算総額は、107億8千万円となり、前年度当初予算と比較して18億3千万円、14.5%の減となっています。前年度は、今年4月に開校する小中一貫校に係る施設整備の関係で市政施行以来、最大の予算でした。本年度は、多久駅前の中核施設建設工事、中央公園南東隣接の市所有地を住宅団地として分譲するため用地取得、建物解体などが予定されています。
政府の本年度地方財政計画の規模は、地方全体の安定的な財政運営に必要な一般財源の総額について確保するため、81兆9千100億円、対前年度比0.1%増(500億円増)と見込まれています。
しかしながら、地方税収等の不安定要素も残り、必ずしも楽観できない状況です。このような情勢下、平成25年度の予算編成にあたり、引き続き、各課の一般財源の枠配分方式を基本として、最小の経費で最大の効果を発揮する事業手法に努めるなど、「歳入に見合った歳出の財政運営」を基本として、予算編成を行いました。あわせて、経常経費をゼロベースから積算する等、配分額についても前年度比2%減を行ったところです。

歳入

単位:百万円、%

区分 25年度予算額 前年度予算額 増減率
市税 17億76百万円 17億49百万円 1.5%
地方交付税 40億円 39億円 2.6%
国庫支出金 13億48百万円 17億83百万円 △24.4%
県支出金 9億44百万円 8億19百万円 15.3%
繰入金 9億22百万円 12億49百万円 △26.2%
市債 7億52百万円 22億11百万円 △66.0%
その他 10億38百万円 8億99百万円 15.5%

107億80百万円

126億10百万円 △14.5%

歳出

単位:百万円、%

区分 25年度予算額 前年度予算額 増減率
人件費 16億87百万円 17億10百万円 △1.3%
扶助費 24億01百万円 23億13百万円 3.8%
公債費 10億07百万円 10億32百万円 △2.4%
投資的経費 14億35百万円 32億09百万円 △55.3%
補助費等 10億57百万円 11億80百万円 △10.5%
繰出金 16億02百万円 15億88百万円 0.8%
その他 15億91百万円 15億78百万円 0.8%
107億80百万円 126億10百万円 △14.5%

歳入予算

市税では、2千7百万円、1.5%の増を見込んでいます。内訳としては、市民税、固定資産税は、ほぼ前年並みで、市たばこ税が2千3百万円の増です。主な要因は、平成25年4月から、県たばこ税の一部が市たばこ税に税源移譲されることによる増額です。
地方交付税のうち普通交付税は、国全体の削減方針(2.2%減)を見込んだうえ、前年と同額の31億円、特別交付税は、近年の実績から1億円増の9億円、合計40億円を見込んでいます。
国庫支出金は、4億3千5百万円の減となっています。社会資本整備総合交付金(中核施設、道路、都市公園)があるものの、前年度の小中一貫校校舎建設事業が終了したことによる減が主な要因です。
県支出金は1億2千6百万円増となりましたが、農業・食品産業強化対策事業補助金(JAさがが実施するみかん選果機整備事業)が主な理由です。
繰入金は、財政調整基金、減債基金、土地開発基金を合わせて9億2千2百万円で、前年度比3億2千7百万円の減となります。
市債の発行については、7億5千2百万円を予定しています。なお、市債発行残高は、区画整理事業特別会計を含む普通会計ベースで、2億8千1百万円減少し、128億3千2百万円となる見込です。

歳出予算

義務的経費である人件費は、職員退職手当等により2千3百万円の減となっています。扶助費については、障害者支援費の増や児童保護の分析変更により、前年比8千9百万円、3.8%の増となっています。公債費は、前年比2千5百万円、2.4%の減となります。
投資的経費は、17億7千3百万円、55.3%の減となります。これは社会資本整備総合交付金による事業(中核施設等の建設、JAさがが実施するみかん選果機整備事業、住宅団地の開発等)があるものの、前年度に小中一貫校のための施設整備が終了したためです。
その他の経費では、補助費等が1億2千3百万円の減で、西部広域水道企業団負担金の減額が主な要因です。投資および出資金は4千8百万円の減です

特別会計

土地区画整理事業特別会計と公共下水道事業特別会計では、平成25年度事業が平成24年度の国の補正予算で前倒し見込みによる事業の減のため、対前年比減となっています。
宅地造成事業特別会計は、中央公園南東隣接の市所有地を住宅団地として整備するために、平成25年度に新設しています。

土地区画整理事業特別会計 4億31百万円 前年比△45.9%
公共下水道事業特別会計 5億63百万円 前年比△17.7%
農業集落排水事業特別会計 83百万円 前年比△0.8%

宅地造成事業特別会計

1億35百万円

皆増
国民健康保険事業特別会計 29億09百万円 前年比3.5%
後期高齢者医療特別会計 2億42百万円 前年比△1.9%

平成25年度特別会計主な事業費一覧[PDFファイル/59KB]

公営企業会計

病院事業特別会計 16億円 前年比1.9%
水道事業特別会計 9億05百万円 前年比△1.6%

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)