ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和2年度当初予算概要

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年3月18日更新
<外部リンク>

一般会計

予算総額134億7千万円(前年比8億7千万円、6.9%増)

令和2年度の一般会計の予算総額は134億7千万円とし、前年度比8億7千万円、6.9%の増としています。本年度の主な事業としましては、弓道場建設事業、令和元年8月の前線に伴う大雨に係る災害復旧事業などとなっています。

歳入

区分 令和2年度予算額 前年度予算額 増減率
市税 18億3千138万1千円 18億3千157万3千円 △0.01%
地方消費税交付金 4億700万円 3億4千万円 19.7%
地方交付税 42億円 40億5千万円 3.7%
国庫支出金 21億3千387万9千円 14億6千911万1千円 45.2%
県支出金 9億1千120万5千円 8億5千404万2千円 6.7%
財産収入 7千780万1千円 8千97万9千円 △3.9%
繰入金 13億2千123万5千円 12億4千280万6千円 6.3%
市債 12億5千110万円 18億660万円 △30.7%
その他 13億3千639万9千円 9億2千488万9千円 44.5%
134億7千万円 126億円 6.9%

歳出

区分 令和2年度予算額 前年度予算額 増減率
人件費 20億6千598万3千円 18億267万7千円 14.6%
扶助費 24億8千368万5千円 24億9千604万5千円 △0.5%
公債費 10億7千718万3千円 10億9千29万3千円 △1.2%
投資的経費 23億6千642万6千円 15億2千791万6千円 54.9%
その他 54億7千672万3千円 56億8千306万9千円 △3.6%
134億7千万円 126億円 6.9%

歳入予算

 市税では、19万円の減を見込んでいます。内訳としては、市民税が個人分、法人分あわせて2,523万円の減、固定資産税は2,089万円の増、軽自動車税は337万円の増、市たばこ税は107万円の増、入湯税は31万円の減を見込んでいます。
 地方消費税交付金は、令和元年10月からの消費税増税や前年度実績見込みにより推計し、対前年比6千700万円増の4億700万円としています。また、地方交付税は近年の実績および令和2年度地方財政計画より推計し、普通交付税は32億円、特別交付税は10億円で、合計42億円を見込んでいます。
 国庫支出金は、民生費関連の負担金、社会資本整備総合交付金、また昨年8月の大雨による災害復旧事業に伴う負担金等の増で合計21億3千387万9千円を見込んでいます。
 繰入金は、財政調整基金、減債基金等を合わせて、7千842万9千円増の13億2千123万5千円としています。
 市債の発行については、12億5千110万円を予定しています。なお、市債発行残高は、令和2年度末で、139億4千411万円となる見込です。

歳出予算

義務的経費である人件費は、2億6千330万6千円の増としています。扶助費については、児童保護費の減が主な要因で、前年比1千236万円、0.5%の減としています。公債費は、前年比1千311万円、1.2%の減としています。投資的経費は、前年比8億3千851万円、54.9%の増としています。これは、昨年8月の大雨による災害復旧事業が主たる要因です。
その他の経費では、補助費等において6億9千428万9千円の減、繰出金が5千523万7千円の増としています。

特別会計

土地区画整理事業特別会計は工事費の増が主たる要因で増、公共下水道事業特別会計と農業集落排水事業は、建設事業費の増と、公営企業法適用支援委託費の増が主たる要因で増となっています。

区分 令和2年度予算額 増減率
土地区画整理事業特別会計 3億859万円 前年比8.2%
公共下水道事業特別会計 5億9千685万円 前年比2.5%
農業集落排水事業特別会計 1億4千114万円 前年比88.9%
宅地造成事業特別会計 619万円 前年比△17.4%
国民健康保険事業特別会計 27億6千492万円 前年比0.4%
後期高齢者医療特別会計 2億6千976万円 前年比5.4%

令和2年度特別会計主な事業費一覧 [PDFファイル/111KB]

【公営企業会計】

区分 令和2年度予算額 増減率
病院事業特別会計 17億2千346万円 前年比△0.4%

令和2年度公営企業会計主な事業費一覧 [PDFファイル/114KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)