ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地域おこし協力隊を募集します

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年5月23日更新
<外部リンク>

地域おこし協力隊を募集します

 多久市では、地場産業の振興や都市との交流などの活動を実施し、地域の魅力の向上と地域に活力を生み出すことで、活気あふれた暮らしやすいまちづくりを目指しています。この活動の担い手として、地域おこし協力隊を募集します。

活動内容 

多久市の農産物の加工製造、販路拡大、地域活性化に係る活動

(1)農産物の直販事業

(2)農産加工品の製造、販売事業

(3)上記に伴う、農産物及び多久市のPR活動

(4)その他市長が地域活性化として必要と認める活動

募集人員

1名

募集対象者

次の要件をすべて満たす方とします。

(1)概ね20歳以上40歳以下の方

(2)心身ともに健康で誠実に勤務できる方

(3)3大都市圏(※1)または地方都市の条件不利地域(※2)外の都市地域に在住の方で、生活拠点を多久市に移すとともに多久市に住民票を異動することができる方

(4)多久市に1年以上居住できる方

(5)地域の活性化に意欲があり、地域が抱える課題の解決に積極的に取り組むことができる方

(6)普通自動車を所有している方

(7)パソコンで文書作成、表計算ソフトなどの一般的な操作ができる方

(8)地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方

(※1)3大都市圏とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県をいう

(※2)条件不利地域とは、過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法、半島振興法、奄美群島振興開発特別措置法、小笠原諸島振興開発特別措置法、沖縄振興特別措置法で指定された区域をいう

勤務地

多久市内一円

雇用形態・期間

多久市地域おこし協力隊設置要綱に基づき委嘱します。委嘱期間は、委嘱開始日から1年間とします。ただし、最長で3年間まで延長することができます。

勤務条件等

(1)報酬

月額166,000円(賞与はありません。この月額から社会保険料の本人負担分が控除されます)

(2)勤務時間等

勤務時間は、原則として午前9時から午後5時の間とし、勤務時間は週35時間とします。活動時間が35時間を超える場合は別の週で調整することができます。

(3)休暇等

年次有給休暇のほか特別休暇があります。

(4)待遇・福利厚生

・住居は、多久市で用意します(家賃は市で支払います)

・健康保険、厚生年金、雇用保険は加入していただきます。

・活動に必要な車両は無償貸与します。

申込受付期間

令和元年5月7日(火曜日)~令和元年7月31日(水曜日)

選考方法

(1)第1次選考【書類選考】

受付期間内に必着のこと。書類選考の上、結果を全員に文書で通知します。

<提出書類>

・多久市地域おこし協力隊応募用紙

・住民票抄本

(2)第2次選考【面接】

第1次選考合格者については、面接による第2次選考を実施します。日時及び場所については、第1次選考結果通知時にお知らせいたします。なお、面接は多久市内で行う予定としています。

※応募に係る経費(書類申請費用及び面接時の交通費など)はすべて応募者の負担となります。

※選考の経過及び結果についての問い合わせには応じられませんので、予めご了承ください。

問い合わせ先

〒846-8501

佐賀県多久市北多久町大字小侍7番地1

多久市役所 総合政策課 地域づくり係

担当:吉木(よしき)

電話:0952-75-2116

Fax:0952-75-2110

E-Mail:sougouseisaku@city.taku.lg.jp

その他

多久市までの交通費及び引っ越し費用、建物火災保険料、生活備品、水光熱費、その他の経費はご負担いただきます。

様式等

多久市地域おこし協力隊募集要項 [PDFファイル/185KB]

多久市地域おこし協力隊応募用紙 [Wordファイル/48KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)