ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第4次多久市総合計画

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2016年4月1日更新
<外部リンク>

第4次多久市総合計画は、本市のすべての分野における行財政運営の基本となる計画であり、行政運営の指針やまちづくりの方向性を示すものとなります。
さらに第4次多久市総合計画には、次の役割を持たせています。

  • 役割1 市民参画のまちづくりを進めるための共通目標
  • 役割2 地域経営を進めるための行財政運営の指針
  • 役割3 広域行政に対する連携の基礎

構成と目標年度

第4次多久市総合計画は、基本構想、基本計画および実施計画をもって構成します。
基本構想は、本市の目指すべき将来像とそれを実現するための基本方針や施策の大綱を示すもので、平成23年度から平成32年度までの10年間を計画期間とします。
基本計画は、基本構想に基づき、その実現を図るために必要な基本的施策、目標指標、協働の指針等を体系的に示すもので、計画期間は、前期5年間、後期5年間とします。
実施計画は、基本計画に示した施策を、具体的に実施する事業を定めるものであり、計画期間は3年間とし、毎年見直すローリング方式で毎年度策定し、本計画の進行管理の役割も担います。

目指す将来像

地域の特性と時代の潮流、市民の思いから地域課題を見据え、今後10年間の計画的な行政運営を進めていくための方針として、本市の目指す将来像を

 「-緑園に輝く- みんなで創る 文教・安心・交流のまち 多久」

 と定めました。この将来像には、周囲を緑豊かで生物多様性あふれる緑の庭園のイメージにふさわしい環境で、地域とし てキラリと輝き、人々が個性や才能を伸ばし輝くまちを目指し実現するために、「文教」、「安心」、「交流」のまちを充実促進し、市民と行政が一緒になって つくりあげていく」という思いを込めています。

第4次多久市総合計画(前期基本計画) 平成23~27年度

第4次多久市総合計画(後期基本計画)平成28~32年度

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)