ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

写真クラブ「一木会」が多久市にカレンダーを贈呈

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年9月30日更新
<外部リンク>

 多久の写真クラブ「一木会」の会員4人が9月22日(水曜日)に市役所を訪れ、多久市内の四季折々の景色や祭りなどの写真を掲載した2022年のカレンダー「多久の四季ごよみ」を多久市に贈呈しました。
 このカレンダーは、市内の魅力を知ってもらおうと会員6人が月ごとに撮影した作品を持ち寄り、制作されたものです。
 企画を発案した南里忠宏さんは「6人が撮った写真を通して、多久市の魅力を再発見してもらいたい。また、多久を離れて暮らす人にも懐かしんでもらえたら」と話されました。
 1部500円で販売され、物産館「朋来庵」とまちづくり交流センター「あいぱれっと」で購入できます。問い合わせは多久市観光協会、電話0952-74-2502まで。
 市外や県外に住む親類や友人へのプレゼントにいかがでしょうか。

一木会のみなさんと田原優子教育長(左から1番目)、横尾俊彦多久市長(左から2番目)

一木会のみなさんと横尾俊彦多久市長(左から2番目)、田原優子教育長(左から1番目)

カレンダー「多久の四季ごよみ」の画像

会員6人が制作したカレンダー「多久の四季ごよみ」