ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「令和2年7月豪雨」で被害を受けた熊本県人吉市へ職員を派遣しました

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年9月15日更新
<外部リンク>

9月11日(金曜日)、令和2年7月豪雨で大きな被害を受けた熊本県人吉市へ復旧・復興支援のために派遣する藤川卓也職員の辞令交付式および壮行会を行いました。藤川職員は現地で固定資産税の通常業務のほか、災害に係る固定資産税減免の事務を行います。派遣期間は9月14日から令和3年3月31日までを予定しており、藤川職員は「税務課、市役所の代表として責任をもって業務に励みたい。半年という短い期間ではあるが人吉市が1日でも早く復旧・復興できるよう全力で頑張りたい」と決意を語りました。

横尾市長から辞令を受ける藤川卓也職員(右)

横尾市長から辞令を受ける藤川卓也職員(右)

横尾市長(前列右から5人目)、荒瀬副市長(前列右から6人目)、藤川職員、多久市職員ら

横尾市長(前列右から5人目)、荒瀬副市長(前列右から6人目)、藤川職員、多久市職員ら