ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

多久高校生が市内公共施設で清掃・除菌のボランティア活動

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年6月18日更新
<外部リンク>

6月16日(火曜日)、多久高校2年生が、多久北部運動広場や市立図書館、児童センターあじさい、北多久社会体育館の4つの公共施設で、清掃や除菌などのボランティア活動を行いました。
この活動には、多久高校2年生、119人全員が参加し、暑い中、みんなで協力しながら草を刈り、図書館のテーブルや本などを除菌しました。
参加した生徒は、「とても暑く大変だったけど、みんなで楽しく作業できてよかった。こういう時期だからこそ、何事にも前向きに取り組んでいくべきだと思う。」と笑顔で話し、引率した先生は、「新型コロナウイルスの影響で様々なイベントや活動が中止となり鬱屈とした気持ちも、久しぶりの野外活動で晴れたのではないか。生徒たちの元気な姿を見れてよかった。」と嬉しそうに話されました。

除草作業を行う生徒達

除草作業を行う生徒達